株式会社ナカバヤシ

内面補強工法(光硬化)本管部分補修・一体型補修・取付管部分補修

FRP内面補強工法(光硬化)は、下水道管路に生じた段差、管すれ、ジョイントずれ、クラック等を部分補修する工法です。
この工法は、光硬化性樹脂を用いた補修材(ソフトスリーブ)を専用施工機に装着してからマンホールより補修箇所に移送し、管壁面に加圧密着させます。そして、施工機に内蔵した紫外線ランプを照射すると、補修材が短時間で硬化するというものです。補修材料は工場で均一に生産されており、現場での準備作業が簡便なため、極めて効率的、短時間で補修作業が行えます。
補修目的により、標準 (Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・更生管対応一体型) 4種類の材料があります。


特長

  1. 補修する目的により、補修材を選択することができる。
    標準(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・更生管対応一体型)
  2. ビニルエステル樹脂・耐酸性ガラス繊維の使用により優れた耐食性を有する。
    耐薬品性・耐ストレインコロージョン性を有する。
    (JSWAS K−2、JIS K 7034)
  3. 補修材は、日本下水道事業団の防食D種の品質規格適合材です。
  4. 外水圧、内水圧に耐える強度を有する。(φ150〜φ700)
    外水圧0.08MPa、内水圧0.05MPaの耐水圧。
  5. 耐高圧洗浄性は15MPaで剥離・破損が見られない。
  6. 耐摩耗性能はJIS A 1452に準拠し、JSWAS K−1「下水道用硬質塩化ビニル管」と同等以上の耐摩耗性を有する。
  7. 管きょの流下能力を損なわない。
    補修材の粗度係数は、下水道用塩ビ管と同等のため既設管流下能力を保持する。
  8. 補修材料は、本管更生(50年仕様)と同等以上の高強度で耐久性に優れた材料です。
  9. 施工性に優れ経済的です。
    施工装置はコンパクトで、1箇所あたりの施工時間が短く経済的です。

基本仕様(熱硬化・光硬化共通)

1) 適用管種

陶管、鉄筋コンクリート管、塩ビ管(VU・VP)、FRP管 等

2) 施工適用管径

【本管部】
  • ●呼び径
    φ150〜φ700
    補修幅 標準40cm (30・50cm)(熱・光)
  • ●呼び径
    φ150〜φ400
    補修幅 ロング100cm(熱)
    φ200〜φ300
    補修幅 ロング100cm(光)
  • ●呼び径
    φ750〜φ1500
    補修幅 標準40・60cm(熱)
【取付管接合部】 (一体型)
  • ●呼び径
    φ150〜φ700
    補修幅 標準40cm (本管部))(熱・光)
    補修高さ 標準12cm (取付管部)
    (取付管径 呼び径 φ100〜φ200)

使用機材・本管部分補修

  • 本管施工機
    対応管径:φ150〜φ700 (φ700)
    (ロング φ200〜φ300)
    補修幅:40cm (ロング 100cm)

    • 施工前
    • 施工後

使用機材・一体型補修

  • 取付管一体型施工機
    本管部対応管径:φ150〜φ700
    本管部補修幅:40cm
    取付管部対応管径:φ100〜φ200
    取付管内補修高さ:標準12cm

    • 施工前
    • 施工後

使用機材・取付管部分補修

  • ちび弾丸/光硬化用
    対応管径:φ125、φ150
    補修幅:20cm

    φ100 取付管内補修
    • 施工前
    • 施工後