株式会社ナカバヤシ

内面補強工法(熱硬化)本管部分補修・一体型補修・取付管部分補修

地下に埋設された下水道管路内で発見された不良箇所に対して、不良箇所に最適な施工機を至近の既設マンホールより投入・移送することで、短時間で的確かつ効率的に部分補修を行います。
耐久性・耐薬品性能の高いビニルエステル樹脂(エポキシアクリレート)と耐薬品性能の高い耐酸性ガラス繊維および不織布を補強材とした熱硬化補修材を施工機に装着し、目的の不良箇所に移送します。補修箇所に到達した施工機によって管壁面に補修材を加圧密着させ、内蔵のヒーターで加熱硬化させることにより、高強度のFRP管を形成する工法です。


特長

  1. 補修する目的により、補修材を選択することができる。
    標準(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ)・更生管対応一体型
  2. ビニルエステル樹脂・耐酸性ガラス繊維の使用により優れた耐食性を有する。
    耐薬品性・耐ストレインコロージョン性を有する。
    (JSWAS K−2、JIS K 7034)
  3. 補修材は、日本下水道事業団の防食D種の品質規格適合材です。
  4. 外水圧、内水圧に耐える強度を有する。(φ150〜φ1500)
    外水圧0.08MPa、内水圧0.05MPaの耐水圧。
  5. 耐高圧洗浄性は15MPaで剥離・破損が見られない。
  6. 耐摩耗性能はJIS A 1452に準拠し、JSWAS K−1「下水道用硬質塩化ビニル管」と同等以上の耐摩耗性を有する。
  7. 管きょの流下能力を損なわない。
    補修材の粗度係数は、下水道用塩ビ管と同等のため既設管流下能力を保持する。
  8. 補修材料は、本管更生(50年仕様)と同等以上の高強度で耐久性に優れた材料です。
  9. 施工性に優れ経済的です。
    施工装置はコンパクトで、1箇所あたりの施工時間が短く経済的です。

基本仕様(熱硬化・光硬化共通)

1) 適用管種

陶管、鉄筋コンクリート管、塩ビ管(VU・VP)、FRP管 等

2) 施工適用管径

【本管部】
  • ●呼び径
    φ150〜φ700
    補修幅 標準40cm (30・50cm)(熱・光)
  • ●呼び径
    φ150〜φ400
    補修幅 ロング100cm(熱)
    φ200〜φ300
    補修幅 ロング100cm(光)
  • ●呼び径
    φ750〜φ1500
    補修幅 標準40・60cm(熱)
【取付管接合部】 (一体型)
  • ● 呼び径
    φ150〜φ700
    補修幅 標準40cm (本管部))(熱・光)
    補修高さ 標準12cm (取付管部)
    (取付管径 呼び径 φ100〜φ200)

使用機材・本管部分補修

  • 本管可変施工機・ロング施工機
    対応管径:φ150〜φ700 (φ700)
    (ロング φ150〜φ400)
    補修幅:40cm (ロング 100cm)

    φ250 本管段差補修
    • 施工前
    • 施工後
  • 卵形施工機

    クラック
    • 施工前
    • 施工後
  • φ1500 施工機

    侵入水
    • 施工前
    • 施工後

使用機材・一体型補修

  • 取付管一体型施工機
    本管部対応管径:φ150〜φ700
    本管部補修幅:40cm
    取付管部対応管径:φ100〜φ200
    取付管内補修高さ:標準12cm

    • 施工前
    • 施工後

使用機材・取付管部分補修

  • ちび弾丸/熱硬化用
    対応管径:φ100〜φ150
    補修幅:20cm

    φ100 取付管内補修
    • 施工前
    • 施工後